働く女性たちにもっと活躍してもらうための

経営コンサルティング、研修を提供いたします

 

庄司桃子コンサルブログ

2018年

11月

17日

同じ属性で群れないこと


とある交流会にて、シニア男性たちが集まっている一角があって、一旦会社を定年退職して、自分でビジネスやりたい、という集団でした。

集団の中ではとても楽しそうなのですが、老若男女いるのに、あそこまで固まると交流できないなー、もったいなー。

別の交流会では、ものっすごく着飾った起業女性軍団がいて、
うわー、私も同じ女性だけど、これは入れない!無理無理無理無理!!!
と思ったんです。


もっとも、昔からクラスの主流女子軍団に入るのは苦手で、ファッションとか見てるテレビとか周りと合わせられずに、ひっそり本を読んでたり、同じような女子を見つけてひっそり絵を描くような子供でしたから。

群れるの、苦手なんです。


私の性格はともかく、群れの中に入ると安心できるし、楽ちん。

同じような境遇の人たちだから、そりゃあ話も合いますよね。

まあ一般ピープルならいいですが、ビジネスの現場において、群れてしまうと他と差別化できない。

結局は群れのリーダーがビジネスチャンスをかっさらって、自分はそのおこぼれに預かることになります。

で、群れのリーダーは、人に合わせるんではなくて、俺に合わせろ!というタイプなんです。

リーダーのおこぼれでまあ、食べていくだけの仕事にはありつきます。

が、事業を拡大したいのなら、俺に合わせろ!と言って、みんなが付いてこれるのか、という魅力が必要なのです。





2018年

11月

15日

起業の動機、そんなもんはない!


複数回コースの創業スクールの冒頭において、まずは創業の動機を考えましょう、なんてワークをやります。

あのワークをやる理由があって、本気度を高めよう、というよりも

まずなんの事業をやりたいのか(仮)でもいいから決めて!!

じゃないと、このあとのスクールがご本人にとって無意味なものになるから!!

というのが講師側の本音だったりします。


まあ、それだけ何するかわからないけど、なんか起業したいんです〜〜という自分探し受講者が多くて、真逆の受講者とのギャップを埋めるのに講師は苦心してます。
(自分探しはまた別の機会に書きますね)


で、動機のはなし。

自己実現!という前向きな方もいますが、

シングルマザーで子育てと仕事を両立させるには起業しかない、

とか、

会社がブラックでもうキツイ、組織では働きたくない

とか、いう方もいらっしゃるんです。

かく言うワタシも会社がブラックで、あしたのジョーのように燃え尽きたのがきっかけなんですが。


最近思うのは、動機なんてなんでもいいと思うんです。

動機が多少ネガテイブでも起業して十分食べてけるし、なんだったらものすごーく成功してる人もいる。

必要なのは自分にはこれしかない、としがみつく力と、

自分の力で決めて、人に依存しないという強さではないかなー。





2018年

11月

15日

休んだ方が売上あがるんじゃない?


先日、サービス業の社長と話していて、あっ、と思ったこと。


週休2日にした方が、実は売上あがるんじゃない?

どこもそうですが、人手が足りず、お客様へのサービスが遅れがちになってます。

ただし、営業時間を短縮したらシフトを組まなくても、そこに人員を集中できるので十分なサービスが提供できるのではなかろうか?

という理屈です。

ただし、営業時間を減らすということは、それだけ受け入れられる顧客人数が減るということなので、即実行!というのはなかなか危険なことでもあります。


ということで、この会社については1日あたりの人数と客単価の実績や収益の状況を調べて検証していくことになりました。


もちろん業種によっては適用できないこともありますが……

2018年

11月

12日

ホームページは作らなくてはいけないの?


先日、このブログでホームページとか会社のことを紹介できるツールを作ろう

ということを書いたら、

いやいやホームページなくてもフェイスブックで十分ですよー

というコメントが入りまして。

読者の中にはアメブロでもいいでしょー、という方もいるかと思いますが。


もう、なんでもいいんです。
会社のことがわかるもんであれば。

目的はどこかであなたの会社のことを聞いた人に、こんな会社だよーと伝えることなんです。

だから、使いやすいツールならなんでもいいんですよ。


ただ相手の顧客のことを考えてほしいんですよね。

完全に個人向けサービスなら、アメブロでもフェイスブックでもいいのです。
インスタはリンク貼れないのでちょっとコンバージョン繋がりにくいけど。


が、行政とか、決済に上層部の手順を踏むそれなりの法人を相手にするのならホームページ。

彼らは法人としての品格を見ますからね。

それと運営上の問題として、アメブロやフェイスブックはセキュリティ対策のため、会社のパソコンからは見られないことが多いんです。



それとホームページではPV増えない、受注に繋がらない、意味がない、というのは間違いです。

それは、ちゃんとお手入れしてないから。

植物に水やりするように、手入れすればちゃんと効果がでてきます。



2018年

11月

12日

書類とホームページで紹介しないと繋がらない


いろんな会社を知ってるので、

あ、この会社にあの会社を紹介しよう、

という局面はよくあります。


もしくは、イベントがあるから来てねーと誘われて、

自分は行けないんだけど、あの人はこのイベント好きそうだから声かけようかな、

ということとか。



ところが、会社案内とかイベント詳細のホームページがないとお話しが進まないんです……

一生懸命わたしが相手に話しても、伝わらないんですよね。


だから、会社の事業を説明するホームページとか、

会社案内とかイベントのチラシとか

本当に重要。


ホームページは集客するんじゃないんですよ。

集客しようとするなら、相応のスキルとお金が必要です。
(そしてスキルの高さとお金の金額は反比例します)

すでに何かの拍子に知った人たちに、どんな会社なのかしっかり伝えるためのツールなんです。


もちろん、業種によっていやいやSEOとか大事!という場合もありますが。

自社のお客様がどんなルートで購入へと至るのか、そこについて考えを巡らせて欲しいんですよ。


ネット業者にSEO対策とか広告配信代行とか言われて、余計なお金を取られないためにもね。





Business information

女性向け研修 ヒメノワ運営
女性向け創業セミナー マーケティング調査
経営計画コンサルティング 研修・セミナー実績一覧