こじらせ従業員のこと

それから株式会社の庄司桃子です。
コンサルタントと研修講師をしています。

コンサルするうちに、社長からお話出てくるのは
こじらせ君、こじらせさん。

彼らの困った言動で社長たちは振り回されていて、
話がヒートアップすると、こじらせ君たちが会社をダメにしている!という流れになります。

一通り聞いたあと、私が社長や経営陣に提案するのは

辞めさせないんですか??

創業して間もない会社と、再生フェーズにある会社の場合は特に。
全社員が一丸となって取り組まなくてはならないフェーズに、こじらせ君たちにかまってるヒマはありません。
少人数でも、信頼できる人々で構成された会社は強いですよ。

一方である程度の規模で売上もそこそこある会社の場合、迷うことが多いです。
こじらせていても貴重な戦力。この空前の人手不足の中、できれば彼らには残ってもらいたいのです。

ということで私は個別ヒアリングや社内研修で彼らと接して様子を見ます。

多くに共通するのが、彼らなりに会社に対するプラスの考えがあって、できればそれを発揮したいんだけど、日々忙しい上司は聞き入れてくれないんです。

そして、自分の思いを伝えるのが苦手なんですよね。
ほめられても照れが優先して不機嫌な表情だし、
怒りを素直にだすこともできない。もしくは必要以上に吹き出してしまう。
しかも本当に自分がやりたいことをストレートに言ってくれればいいのに、言わずに別のことで怒りだすんですよね。

私も書いていて疲れる展開ですが、
これ、相手を否定せずにうんうんと聞いてあげて、本音を引き出すしかないんですよね。