女性活用 「チームなでしこ」の幻想

女性を活用しよう、と企業が動き出しています。

ありがちなのが「チームなでしこ」という名称で、女性のプロジェクトチームを作り、活躍の場を与えるというもの。

明確なゴールイメージを与えない限り失敗する事例が散見されます。

 

理由は簡単で、メンバーの特性や性格を考慮せずに「女性」という切り口しかないから。

特に「女性メンバーで女性が働きやすい職場を考えてよ」とミッションを与えても・・・言われたほうが困ってます

当社運営サイトのヒメノワでも話題になりますが、女性の場合、人によって生き方や考え方が全く違うんです。

子供の有無、結婚の有無、介護の有無、働き方など、女性によってその考えや特性は様々です。

それを無視して「女性!」といっても意味がないんですよね。

 

実際に弊害が起こっているのが大企業。

同期の中で誰が出世するのか、となった際に、それほど実績がない(ように男性陣に見える)女性が管理職に抜擢されることがよくあるのです。

大企業や地方を代表するような会社は特にその傾向が強い。

例えば、リーディングカンパニーという名の下で、政府の働き方改革に乗り遅れまいと、女性の管理職を増やすんですよね。

 

この状況の下で管理職になる女性は、慣れない仕事で疲弊するだけではなく、同期男性からの嫉妬もうけます。

さらに出世欲旺盛な男性のモチベーションダウンは言うまでもありません。

次は自分が課長だ、と思っていたら、全く想定外の人事なわけですからね。

 

結論として。

もう女性云々、と言っている場合ではないのですよ。

ライフイベントで女性たちの働き方が変わるのは致し方ない。ただし女性でひとくくりにするのはやめようよ、ということなんです。