ヒメノワのファッション記事のこと


おかげさまで開設してから一年が経過しました。



一年やっていて分かったのはファッション、メイクの記事はなかなか注目を集めにくいということ。
ヒメノワを立ち上げたきっかけとして、仕事で着る服がない!ということがあります。
なので、洋服についてこんな悩みを抱えてます!というのを記事にして発信しようではないかと。
専門家から回答を得よう!と。
しかし、現実はそううまくいきませんでした。。。



一方で、数値がぽんっと跳ねるファッションの記事もあるんです。
それらの傾向を見てると、やはりアラフォー、アラフィフ世代、着るものに困ってるんだなー、というのが分かってきています。
ただし、非常にピンポイント。ツボがなかなか読みにくい。

あらゆるウェブサイトを見ていますが、ファッションは大手出版社がアパレルと組んでやり尽くしてます。
間違いなく読者は食傷ぎみです。
いまさらモテ服言われても響きませんしね。




それともう一つの理由があって。
女性は生き方や働き方が多様化してるのがいちばんの理由なのです。

スーツ着用が基本の会社もあれば、
カジュアルなジーンズで仕事オッケーの会社もあり、
制服着用の会社もある。
仕事をしていない人もいれば、夜勤もいる。
子供がいるかいないかでも大きく変わります。

女性の生き方によって着る服の嗜好が細分化されるのです。
この状況でマジョリティを求めるのは難しい。
そりゃあPVはなかなか上がらないよね。


しかも、アラフォー、アラフィフになるとブランドが固定化してきます。
あれこれと試して、ここに落ち着いた、というお話は非常に多いです。

先日、
「スーツはブラックフォーマル(喪服のことね)に落ち着いた」
というお話を聞きまして。
たしかに生地や縫製は良いし、流行に流されないし、うん、こりゃ合理的だわ。

いったん固定化されるとなかなかスイッチできません。
時間がないのもアラフォー、アラフィフ女性たちの特徴なので、安心して納得できる値段で購入できるショップに向かいます。




なお、どこで買えばいいのか分からない!と叫ぶと、ものすごい勢いでオススメを紹介されます。
しかも人によりオススメのポイントが違うため、ありとあらゆるショップが出てくるので、新しいブランドを知るきっかけにもなり、これはこれで楽しいですね。

で、オススメのショップに行ってみて、購入して、リピするのかと思いきや、結局、いつものショップに戻ったりして。

ということで、女性たちはやっぱり叫ぶんです。

着ていく服がない!!