最強のこじらせくんのこと



一言で言います。
60歳を超えて一旦定年を迎えた男性。

いままで会社のために、家族のために、と身を粉のように働いて、定年迎えてやることがなくなった方々です。

大手企業の管理職を定年退職して、その後再雇用でどこかの中小企業や団体の役員、というのが一番しんどい。
あくまでも私の経験則ですが。

前職と関連する業界であるし、役職もついてるんだけど、大した仕事はありません。
とはいえ、自分の影響力はふるいたくて、あちこちに噛み付きまくる、という。。。

対応者は、あちこち駆けずり回り、ご本人の気がすむように収めたはずが、また数ヶ月後に同じこと言い出す。。。

そして、本音は出さずにタテマエでクレーム言うのも特徴ですね。まともに取り合うとどんどん泥沼になるという。。。

周りでマジメに働く方々がホント気の毒です。

もちろん、ご本人の特性によっても異なります。
現役の時に出世コースから外れてたような方はむしろラクしようとします。
定時にさっさと帰るので、マジメ女子あたりから不満が出ますが、まあ、実害はないのでまだよろしいかと。

困るのは元気でアグレッシブな方々。
こじらせくん、というレベルを超えてることも多いのです。


なお、あれこれ事例を見ていて、一つの対応策として有効なのは、役割の見直し。
ひとりのプレイヤーとして働く職場が一番良いのです。

なぜこじらせるのか、という理由ですが、やることがそれほどないから。
妙にあれこれ考える時間があり、その中で自分が不利益を受けているといったん感じたら、そこにとらわれるのでは、と私はにらんでます。


であれば、自由に働く場を作りましょう。

例えば、銀行の支店長が小売店に再雇用されて、そのクレーム処理スキルをおおいに発揮して、店舗スタッフから頼りになる存在に、という事例はたくさんあるのです。