お店は記憶に残る「なにか」を作ること


小売店でも飲食店でも、お客様にリピートしてもらうには、記憶に何かしら残すことが大切です。

よくあるのが顧客満足を高めよう、ということで接客マナーを徹底すること。
当社でもマナー研修の受注をいただいてますが、うーん、マナーも大切だけど、お店の強みをもっとアピールしたいよね、と思う場合があります。
接客だけでお客様の印象に残すのってかなり至難の技ですよ。
スタッフの個性もありますしね。

飲食店や旅館だと、キラーメニューとインスタ映えがキーワードかしら。

ちなみに私が新卒で入社した某スーパーは、歌でした。
月金の歌と、日曜日の歌の二種類。
なんでも当時の社長が作ったとか。
このスーパー、月金はタマゴや牛乳をセールしていて、歌でもタマゴ、牛乳と連呼してます。

なので、このスーパーの商圏内にある小学生は、ソラで歌えるという。。。
昔、道端で大合唱している小学生の軍団見たとき、妙に感動しました。

ということで、良い意味で記憶に残すことが小さなお店では大切というはなしでした。