お金の支払いに困ったらやるべきこと


まず相談して欲しいのは、銀行です。
借入金の毎月の返済を減額してもらうところからスタートです。

ここで担当者がなんだかんだと理屈つけてなかなかやってくれない場合があります。
その場合は支店長に直接打診してくださいね。

たいていは半年ほど金利の支払いだけに止めてくれます。
そして複数の金融機関から借りてる場合は、全ての金融機関に一斉に申し出てください。
ファックスや電話ではダメで、翌月の引き落としが来る前までに、一軒一軒、回ることをお勧めします。



ただし、この手段を使うと、新たに借りることはもうできません。
支出を抑えながらなんとかやりくりする、ということを当面続けることになります。
これはこれでしんどいのですけどね。

で、なんでわざわざこのことをブログに書くのかというと、従業員への給料と仕入先への支払いを遅らせたり、減額する一方で、銀行の支払いは、結構な金額を自動引き落とししているケースが立て続けにあったからです。


借りたお金は返さなくてもいい、というわけではありません。
が、お金の支払いに困ったら、まずは銀行に相談です。 
直近の試算表と資金繰り表を作成して駆け込みましょう。

その次に税務署で消費税などの支払い交渉です。
税務署の支払いは放置すると本当に差し押さえられます。
この辺、銀行より怖いです。

仕入れ交渉と従業員の給料は出来るだけ期日通りに支払うことをお勧めします。

特に従業員のお給料が遅れるのは避けたいところ。
会社の経営がうまくいかない時に、立ち直るかどうかは人次第なのです。

とはいえ、この話は普段からの銀行との付き合い方にもよります。
毎年の決算書渡すくらいの付き合いで、いきなりお金返せません!というのは銀行もドン引きしますよ。