会社で女性活用!を進めるために大切なこと


女性活用について研修やコンサルティングのご要望が増えてきました。

この人出不足の中、男性がメイン、女性がサブという仕事の割り振りでは間に合わない、

女性にも現場に出て欲しい、ということです。



そして女性職員への動機付け研修を行うのですが、うまくいくパターンとそうでもないパターンがあります。

一番の違いは、女性活用研修に社長が出てくるか、ということなんです。

社長が自らの言葉で女性社員の重要性を語りかけ、
女性社員と積極的に個別にコミュニケーションする会社は女性たちがもうイキイキしてます。

いままで、補助的な仕事がメインだった彼女たち。

いきなり会社の基盤業務を担うのはやはり不安です。

男性社員たちからのやっかみというか、無理解というか、そういった雰囲気も敏感に感じ取ります。

そこで、会社のトップが自分がいるから大丈夫!アピールしてくれるのは心強いんです。

もちろんアピールだけではなく、当面のトップサポートは必須。

こうして徐々に女性の戦力になっていきます。



なお一番ダメなのは、上からの指示でとにかくやらなくちゃいけない、という研修です。

割と大きな会社に多いパターン。当然トップなんか出てこないですよ。

受講者がホント可哀想です。

まあ、このパターンは女性研修だけにあるものでもないんですけどね。