男女の仕事に対する考え方の違いのこと


私が男性に囲まれて、中小企業への再生支援、なんて仕事してるからそう思うのかもしれませんが。

女性って仕事に対して堂々とエクスキューズができるんですよね。

会社を退職する理由は、結婚するから、育児があるから、妊活するから、などなど。

生き方の多様性ということで、周りから認められるわけです。

そして、結婚して、子供ができて、退職して、専業主婦になり、育児が落ち着いたら扶養控除のぶんだけ仕事して、というのは周りから認められてるし、後ろめたいことはない。




男性の場合は妊娠しました!は流石に言えないですよね。

最近は育児休暇が浸透しつつありますけどね。

ともかく、男性の場合は退職するときの理由を言うのは女性より大変ではなかろうか、と思うわけです。

うっかり家庭の事情で辞めたい、なんて言うと、

「そんなもん、奥さんにやらせればいいだろう」

といまだにいってくる昭和な人がいますからね。


そして男性は、この会社を辞めたあと、どうやって生活を続けるだけの収入を得るのか、

とくに家族がいる方は、子供を養えるのだろうか、とマジメに考えます。

だから、自分がお給料が少ないと考える方は結婚を控えるのかもしれませんね。







女性の育児による退職を否定してるわけではないんです。

人によりいろんな事情があるからそれはそれでいいんです(先日、専業主婦がそんなに悪いんですか!?という新聞記事を見て全面的に肯定したのですが、それはまた別の時に)



女性って、どうせ結婚や出産で辞めるからいいや、と思ってないですか?

結婚や出産で長く働けないから、いいや。

子供が産まれたら時短勤務になるから、あまり責任負うようなことしたくないし。

とかなり若いうちから思ってないかしら?

と言うか、自分もそうでした。
だからホントは嫌になっんだけど、結婚を理由に会社辞めたんですし。

そして結婚生活はあえなく終わりを迎えたんですけどね笑


女性活用を促進したいという企業の研修や、

起業相談にくる女性の方とお話しすると、どうしても甘えが見えてくるんです。

彼女たちは下手な男性より賢いし、コミュニケーションスキルも高いのに、甘えてるんです。

そして長年男性に依存してきた女性たちはそれが当たり前と思ってるんです。

かつてのわたしがそうだったように。


男性に甘えて依存して、無限の可能性を潰してるんです。

もったいないですよ。