会社の強みは本人もわかってないということ


売上が伸びている会社は自社の強みがわかってる、なんて話を書きましたが。

意外と自社がなんで顧客が来るのかわかってない会社が多いです。

創業社長ではなくて、2代目とか、

業歴が長く、割と大きな会社の社員にある現象ですね。




長年、安定的に付き合ってるお客様がいて、いつもの習慣でオーダーに対応して、という会社です。

コンサルティングをする時、社長にヒアリングしても今ひとつピンとこない。

そのため、従業員にヒアリングしたり、

お客様アンケートとったり、

なんとかして強みを見出し、社長に納得してもらいます。


少なくとも10年続いた会社には続くだけの何かがあるはずなんです。

さらに早い段階で強みは明らかにしないと、資金繰りが詰まって再生フェーズに入り込むことも。


もっとも、再生フェーズに入った段階で持ち込まれることもありますが。

なーんとなくお客様に恵まれて、継続してきた会社ほど、危ないものはないですよ。