なんで会社をやめられないのか?ということ


赤字で満身創痍の中でも経営を続けている会社は多数あります。

なんでそんなしんどい思いをまで続けるのか?

ほとんどは生活の基盤と密着してるからなんです。

やめたら後がない。ということで、続けざるをえないのです。

例えば、まだまだ借金が残っていて、会社も自宅も担保設定してるため、引退したくても引退できない。

会社の借り入れだけどばっちり個人保証ついてるので、破産しない限り最後まで付いて回ります。






そして70歳近くなっても会社を続けてるんですよ。

当然、後継者はいないわけでして。

こんな会社は非常に多いと思います。

が、政府は中小企業の減少で国内経済が衰弱するということで、事業継続、事業承継キャンペーンを行ってます。


私個人の感情にすぎませんが、人の良いおじいちゃん社長、おばあちゃん役員が、持病をかかえながら、働くの見てるのつらいんです。


なので、政府にお願いしたいのは、

会社をやめても、資産が担保にとられていても何とかなります!、生活基盤は残ります!!
というキャンペーン展開。

事業の引き継ぎ方をやるのなら、終い方もいっしょに、ですね。