値段をつける勇気


中小企業診断士という資格を所有しているフリーのコンサルタントの場合、

コンサルティング報酬について自分で設定している人はそれほど多くないのでは、と考えてます。

国家資格だけあって、公的機関の仕事が多いから。

そして公的機関の仕事はあらかじめ、単価設定が決められてます。

経験やスキルに関係なく一律いくら、の世界です。


そして、自民党の政権が続く限り、公的機関の仕事は豊富に出てきておりまして。

まあ、公的機関の仕事はつつがなくやれば、それなりに稼げます。



なので、中小企業診断士など国家資格を持たずにコンサルタントとしてフリーでやっていこう!という方は、自分で値決めして、サービス内容を決めなくちゃいけません。

が、コンサルティングの価格って、千差万別。

大手コンサル会社は大手企業に対して月額料金数百万円の報酬ですし、

月5万円、なんていうコンサルタントもいます。

ここにクライアントのお財布事情がはいりこみます。



これ、コンサルタントに限らず、小売、卸売業以外の職種に共通することかな、と思います。

なので、大抵は世間一般の相場にあわせて値決めするのがほとんどではないかと。

古い会社であれば、昔からの商習慣で、まあ、この価格だよねー、という決め方をしてることも(製造業に多いケース)


そして、この世間相場にあわせた値段設定ってある意味楽チンなんです。

もう少し言うなら、下請けってホント楽チン。

価格はクライアントが決めてくれて、それに対してやるかやらないか決めるだけですからね。

 

ということで、自分で価格を決めて提供すること。

これは、覚悟が必要なんです。

その価格に見合った商品を提供しないとダメだし、

なによりもクライアントが納得しないと先に進まないから。

もう一つ。一旦値下げしたら、価格をあげるのは困難なのです。

プラスアルファの何かしらを提供しないと、値上げ交渉は難しい。

最近は人出不足による人件費の高騰で、以前より交渉しやすくなりましたけどね。