専業主婦は自立してないのか??


ヒメノワという自立した女性たちに向けたメディアを立ち上げて一年が経過しました。
 
このようなメディアをやっている以上、自立した女性ってなんだろう?

ご主人の稼ぎで生活が守られている女性たちへの想いってなんだろう、ということを考え続けてます。

そして、読売新聞でこんな投書を拝見したのです。

原本がないのでうろおぼえですが。


自分は専業主婦なので、周りの主婦友人たちからなぜ働きに行かないのか、稼がないのか、と言われ続けている。

しかし、公務員である夫が安定して勤務し続けるために、また子供たちを育てるために、自分は主婦としての仕事をしっかりこなしている。

正直、外に働きに行く必要はないし、夫や子供たちを支えている自負がある。


まあ、こんな内容でした。






そして、私は女性も結婚してようがしていまいが、最後はおひとりさま、という考えのもとでヒメノワというウェブメディアを運営してますが、

この専業主婦の女性に対して、反論できませんでした。

むしろ、あまりにも力強い言葉に納得してしまった。


なぜなら、自分の役割を認識して、役割を遂行するために専業主婦という道を選んだわけだから。

ご主人やお子さん達が過ごしやすい環境を作るために、しっかり仕事しているわけです。


たしかに経済的にご主人に依存、と言われたらそうかもしれません。

が、この方、精神的に自立されてるんですよね。

むしろ素晴らしいなあ、と思った次第です。