ホームページの限界


業種や売るものによってホームページの役割は大きく異なります。

例えば、当社のようなコンサルティングや企業研修はホームページ受注というのは滅多になくてほとんどがご紹介。

ただし、ホームページを見ている知り合いが、当社のことをさらに知って、ご紹介、というケースはあります。

ということで、コンサルとかBtoBの業種は、自社が何をやってるのかがわかれば良いケースがほとんどです。

無理に検索トップ、にお金かけるより、人脈広げる方が有意義だったりします。






ただし、コンサルでも補助金の申請といった一発屋の仕事とか、

直接、最終消費者に売るというBtoCのご商売は、ホームページが販売促進のメインになることはよくあります。

その場合は、ホームページにどこまで投資できるのか、時間をかけられるのかで変わってきます。

素人でもjindoなどで簡単にホームページは作ることができますが、

一方で売上につながるホームページの作成は専門性が高いプロの領域になってます。


で、もう一つの問題は。。。

ホームページの問い合わせって、受注への精度が低かったり、

とんでもないクレーマーを呼び込む可能性がえるってこと。

もしくは微妙なネット系営業メールとか。

予想外の問い合わせが来るんですよね。


ということで、自社の販売促進の手段として、ホームページの役割をしっかり決めることは大切になります。