フェイスブック広告で顧客ニーズを掴む


当社が運営するウェブマガジン、ヒメノワ

毎週金曜日に新作を発信していて、

かつ、フェイスブック広告を定期的に出し、ここから読者の動向を追っています。





運営していくうちに、アラフォー、アラフィフで、自立した女性たちの嗜好とか興味を持っていることが把握できてきました。


しかも、35歳から44歳と45歳から54歳では、似てるようで微妙に違う。

あーなるほどなぁ、これはひとくくりにはできないぞ、と眺めており、次の記事をどうするのか考えてます。


それはともかくとして、

フェイスブック広告はターゲットを狙って発信できるメディアなんです。

なので、自社のターゲットがどんな情報に反応するのかという分析が可能。

単に拡散させる、とかPV高める、というのではダメでして。

ターゲット以外の人に読んでもらってもその先がないからですね。

むしろ、リーチした人のうち何人がクリックしたかという反応率を見て欲しいんです。

このあたりは広告マネージャーで確認できます。

当然フェイスブック広告でお金はかかるのですが、一回につき5千円とか上限設定できますので、そんなに怖がらなくても大丈夫。

ぜひトライして欲しいなあ、と。