研修はアウトプットで腑落ちさせたい


研修、セミナー講師は受講者に意識させること、
腑落ちさせること、だと考えてます。

行動を変えるのは時間が限定された研修ではなかなか限界があり、行動を変えるためのトリガーが研修ではないかと思ってるわけです。

そして、言葉で情熱的に伝えても、翌日には8割くらいは忘れてるわけでして。

ただし、受講者が体験したことはなかなか忘れない。

アウトプット、研修なら疑似体験が大切なんですよね。

ということで、経営シミュレーションゲーム作りました。

ラーメン屋で開業しよう!







リアルにお金のやりとりしながら、ラーメン屋の物件を選んで、価格を設定して、ターゲッティングを行なってもらいます。

そして、損益計算書と貸借対照表を書いてもらい、決算書の流れを理解してもらうという内容です。


毎年、創業スクールに登壇してますが、いつも感じるのはお金の話の難しさ。

数字の計算、というだけで、えーーっ!と拒否反応を示す方は多いんです。

収益計画は立派でも、資金繰りは詰まったりとか。

なので、小難しい話しをするのではなく、体験させよう!!

ということで開発しちゃいました。


外販も考えてます。

駆け出しのコンサルとか講師が使いやすいような金額設定で。

その辺りはホームページで改めて、ですね。