もったいない女性たち


市川市で女性向け創業スクールを担当しまして。

で、個別相談で受講生とお話ししていたのですが、

能力あるのに自信がないという女性が多い、ということ。

事務処理とかデザインとかもう何でもいいんだけど、かなりのスキルを持ってるのに、

子育てでビジネスの一線から下がり、専業主婦になると、もう自信がなくなっちゃうんです。


例えばランサーズという個人事業主の案件マッチングサイトがあるんです。

自宅でもできる仕事があるので登録しようとすると、

男性フリーランスの2〜3倍は膨らませた経歴にビビってやめてしまうというんですね。

で、1万文字で10000円くらいの文字起こしの仕事を請け負っちゃったり、

世の中の相場では格安とされる案件なんだけど、主婦の方も大勢いらっしゃいます!なんてサイトに登録しちゃう。


そんな彼女たちに仕事をお願いすると、真面目に取り組んでもらえるし、品質もいいんですよね。

さらに深掘りしていくと、

えっ!そんな大企業のクライアントと仕事してたんですか?

うそ!50名のパート社員のマネージャー!?

外資系でTOEIC900点越え!?

とか、経験豊富だったりするわけですよ。

でも、これらの経験ってご本人から申告しないとわからないわけですが、

現場を離れると、昔のことなので…と尻込みしちゃうんです。

あー、ほんとにもったいないなぁ。と思うわけです。