事業承継は先代が口を出すとうまくいかない


富津市商工会にて後継者セミナーの講師をやってきました。
今話題の事業承継ですね。

周りがあまりにも事業承継!事業承継!!と賑やかなのと、
事業承継やりたい!というコンサルが多すぎて、

まあちょっと離れたところにいよう、と考えてたんですが。

実際のところ、コンサルの現場ではかなり普遍的な問題になってまして、避けるわけにはいかないんです。


で、毎回ひっかかるのは先代がずーっと引き継いでくれないことなんですよね。

口頭では、もう引退した、とおっしゃっておりますが、やっぱり見てられないんですよね。
あれこれ後継者に口出ししちゃうんです。

親族内承継の場合、後継者も譲らないから、どう見ても親子ゲンカ。

親族外の場合は、後継者はじっと耐え忍んでることが多いです。

このような会社のほとんどは、後継者による改革はことごとく潰されます。
後継者によるタイムリーな経営判断ができないんですよね。

これ、行き過ぎると後継者が、俺、辞めるわー、とか言い出してきます。

単なる親子ゲンカで終われば良いですが、かわいそうなのは当社の従業員なんです。

再生支援で事業承継絡んでる会社の場合
窮境の要因の一つは先代が口を出すこと!
と、書きたくなる専門家は多いはず。

いや、大人だから書かないですけど。


なので、事業承継に一番必要なのは、先代が綺麗さっぱり身を引くことなんですよね。





経営改善はガチンコで取り組んでます。
詳しくはこちらから