金融機関向けに事業性評価研修、やってます


ということで、本日は某金融機関の営業担当向けに事業性評価研修の講師をやってきました。

千葉県診断士協会のイベント出た方はお分かりでしょうが、私が社長役となって受講者の質問に答えるという、アレです。

ただし金融機関向けなので、
決算書から指標を出すだけではなく、
返済明細書を読み込んで、金融機関としての支援方針を固めてもらうことがゴールです。

当然ながら社長役をやるにあたり、事例が必要なわけでして。


いろんな社長やりましたよ〜

先代の父親の話題を持ち出すと急に機嫌が悪くなる工務店の社長(なまえは久美子さん)とか。

資金繰りに詰まっていて、何を聞いても助けてください!、お金がないんです!!しか言わない旅館の女将とか。


当然ながらその都度事例を作成しております。

実際の会社を出すのは甚だ都合が悪いので、
わからないように決算数値をまとめたり、三社くらいの要素を入れたり。


ちなみに今回は赤字飲食店でなんとか建て直し中、という会社の社長です。
どうやって売上を回復させるのか、飲食店のノウハウ詰め込んでます。

この辺、ものすごーく経営改善やってきた成果ですね。