WEBで販売促進をするために必要なこと

当社でWEB制作事業を始めました。

特色は、SEO対策ではありません。

コンサルタント(中小企業診断士)が強みを見出してホームページに反映させることが一番の特色。

 

というか、SEO対策はテクニカルな面ではすでに限界が来ています。

検索キーワードを意図的に増やすとか、被リンク先を増やすとか、

JimdoよりもワードプレスがSEOに有利とか。

確かにGoogle検索の上位にくるためのテクニックは多々あります。

そしてそれらのテクニックに右往左往している会社や個人が多いのも事実。

 

ただし、表面的なテクニックを駆使しても検索上位には上がりにくくなっているのです。

なぜなら、Googleがホームページのコンテンツを精査するようになったから。

誰がターゲットなのかを明確にして、ターゲットのお役に立てる情報かどうか、

かなりしっかり見ています。

 

 

なので、当社のホームページは、

「自社でホームページを頻繁に更新できるようになるまでのお手伝いをする」ことを念頭に置いています。

デザインはウェブデザイナーに依頼するので、「素人くささ」はありません。

Jimdoを使うので、WEBにそれほど詳しくない方も更新ができます。

何より、中小企業診断士がコンサルして基本の文書を書くので、

ターゲットを明確にして、お役立ち情報を考えてくれます。

コンサルとしては、自分でJimdoでもワードプレスでも自力で作ったほうがお金も大してかからずお勧めですが、

時間そのものがコストだという考えにおいて、外注するという選択をすることを経営者として覚えてほしいなあ、とも思っています。

 

情報がターゲットにとって必要な内容であれば、

毎日書き続けることで自然と検索上位にあがってくるし、

ファンも確実についてきます。

 

なお、ホームページを立ち上げて、ひたすら更新しても誰にも読んでもらえません。

こちらから情報を相手に届ける努力が必要となります。

情報を届ける手段が相手にダイレクトでメールで送ることと、SNSなんですね。

特に普段からSNSを活発に行っている方は、この流れに乗りやすい。

これまで対してSNSをやっていなかった方もいますが、

中にはインスタグラムを始めて毎日更新することで集客、売上につながった事例も。

 

お金はかかりますが、Google広告やフェイスブック広告も有効です。

ターゲットを定めて情報を配信する(ホームページをクリックしてくれるかは別)ことができます。

 

そして、これまでヒメノワというウェブサイトを運営していて思うのは

誰もがカンタンにホームページを作成したり広告を出すことができるようになったことと同時に、

無数の事業者や個人が参入しているのも事実。

それなりの手間ひまとお金をかけないと表面に現れないということなのです。

ホームページを作ったから即お客が来る!というわけではないのです。

 

 

 

2019年1月14日に千葉で補助金の勉強会を行います。

販売促進で活用できる補助金についてわかりやすく説明!

申請の流れや書き方のポイントも解説します。

1.日時 2019年1月14日(月)

第1回 10:00 ~ 12:00

第2回 13:30 ~ 14:30

 ※各回10名までとさせていただきます。

2.参加費 1,000円(消費税込み)

※当日のお支払いとなります。できるだけおつりがないようお願いいたします

3.場所 千葉貸し会議室グッドスペース

千葉市中央区富士見1丁目13-9千葉センタービル3階A号室

(ワシントンホテルの隣、白い外壁の建物になります)